main-bana01.jpg

ご家族で楽しむ

贈答用-お世話になったあの方へ

ホーム > スマートバーベキューのすすめ

スマートバーベキューのすすめ

Let's スマートバーベキュー

新感覚アウトドア料理法"スマートB・B・Q"に挑め!!

Let's スマートバーベキュー

ちょっとしたコツをつかめばバーベキューがもっと楽に、もっと楽しくなる!

バーベキュー文化先進国である欧米のスタイルを取り入れた
"スマートバーベキュー"をマスターすれば、
「なかなか火が着かない」
「せっかくのお肉を焦がしちゃった」
なんていう”バーベキューあるある”を一気に解消!

 

DSC_3321.jpg
reDSC_3397_.jpg
DSC_3373.jpg

 

さあ、バーベキューをLet's enjoy!

 

スマートバーベキューの心得

1.下準備は済ませて楽しい時間を有意義に過ごそう

2.マイ箸、マイ皿を持参することでゴミは少なく、エコな心を持とう

3.来た時よりも美しく、が当然のマナー

これがスマートバーベキューの三種の神器だ!!

水鉄砲 火消し壺 チムニースターター

水鉄砲

後始末用“火消し壺”

簡単に火をおこせる
“チムニースターター”

お肉を焼いていたら油が落ちて炎が上がってしまった時に使うと炭の火力を落とさずに消化できます。

面倒な炭の後片付けもこの中に詰めるだけ。また処理した炭は灰になるまで使用可能なので一石二鳥にもなります。

ブリキ製の筒の煙突効果により、新聞1~2枚で簡単に炭に火をおこせます。これで煩わしい炭おこしの手間が省けます。

STEP1 手早く火をおこそう

火をおこすのに手間取っていたら肝心のバーベキューが楽しめません。
三種の神器の1つ”チムニースターター”を使って手早く炭に火をつけるのがスマートな方法です。

DSC_3269.jpg
reDSC_3297.jpg
reDSC_3304.jpg

火のつきやすいマングローブと、火持ちのいい豆炭を混ぜて使うのがポイント。

現地で調達した松ぼっくりや小枝でも簡単に火は着くので着火剤のかわりになります。

充分に火がおこったら、グリルに炭を移す。
ちなみにグリルは蓋つきのものがお勧め。

 

上級編

子どもにも役割を与える

参加する全ての人に何かしらの役割があることがバーベキューの秘訣です。

だから子どもたちにも着火剤代わりに使う松ぼっくりや小枝を集めてもらったり、水鉄砲係を任せたり

STEP2 さぁ、焼こう!

DSC_3309.jpg

食材は、あらかじめ下ごしらえを済ませて焼いたらいいだけの状態にして持って行きましょう。
炭は、坂のように傾斜をつけてグリルに敷き詰めます。

こうすると、炭の層が厚い箇所は強火、薄い箇所は弱火と、火力をゾーンに分ける事が出来ます。

DSC_3311.jpg

牛肉を塊ごとに火にかけてローストビーフづくり。

DSC_3338.jpg

周囲が焼けてきたらナイフで薄くそぎ取ります。

DSC_3327.jpg

あらかじめタレにつけ込んであった鶏肉を焼きます。

DSC_3400.jpg

しいたけの笠の部分に旨味エキスがたまるので、裏返しにしないように笠を下にして焼きます。
味付けはシンプルに塩のみで。

STEP3 いっただきま~す!

DSC_3365.jpg
DSC_3357.jpg
 

バーベキューで一番楽しいのは食べる時!

おいしいものを一緒に食べていると不思議とハッピーになります。

使い捨てじゃない食器を使うとエコにもなります。

STEP4 後始末はしっかりと

バーベキューのあと、ゴミを残さないのは当たり前のマナー。

特に面倒なのは炭の後始末。

放置すると事故のもとになってとても危険です。

三種の神器の一つの”火消壺”は炭を入れて蓋をすることで空気を遮断して消火します。
(”消し炭”は次回も使用できるのでお得です)

DSC_3412.jpg DSC_3420.jpg
”火消し壺”に炭を移します。 このまま持ち帰ることもできます。
講師紹介
re2DSC_3375.jpg

藤岡 哲

ミートショップふじおか代表取締役

日本BBQ協会のバーベキュー上級インストラクター。
プライベートのBBQに100人以上に集まったこともあるという、バーべキューの達人

 

DSC_3292.jpg

PAGE TOP